思いやりに必要なのは想像力

「道端で転がって泣き叫んでいる子供は、家で
どんな教育を受けているんだろうって思ってしまう」

これはとあるSNSで見つけたものを一部書き換えたもの。
書いた本人も子供がいるママ。


「自分は子供が悪いことをしたらきちんと叱っているし、
叱ったら子供は言うことを聞くものだ」

という主張をされていました。

でも、本当にそうでしょうか?
相手は人間です。
それぞれ個性があり、親が言ったことを
誰もが100%言うことを聞くのであれば
こんなに子育てで悩んでいる人たくさんいないですよね。

自分の子供は聞き分けが良い=だからよその子も同じ=しつけをしていない


という図式なのでしょう。

「もしかしたら」いくら言っても聞かないのかもしれない。
「もしかしたら」何か特別な理由があるものかもしれない。
「もしかしたら」ママもすごく困っていて手がつけられないのかもしれない。

そういう「想像力」が完全に欠如しています。

「思いやり」って相手の立場にたって心情に寄り添うこと
だと思うのですが、これってなかなか子供には難しく、
大人でも難しい場合があります。

自分の常識を取り払って相手の気持ち、状況を
想像する必要があるからです。

やはり、そんな共感力を大人になってから
身に着けるのは、身にしみ込んだ常識や当たり前が
邪魔をするので相当難しいことなんだと思います。

アットホーム留学では、子供に寄り添い、
共感し、想像力を高める会話力を磨きます。
「Why?」なんでだろ?と
たくさんのことに興味を持ち疑問に思い、
自分で考え、その気持ちをママに受けとめてもらいながら
育つことで、相手を思いやるための「想像力」も
自然に育ちます。

私もまだまだ主観的になりがちな部分もあるので
これは思い込みじゃないか?と自分に問いかけながら
日々、人とのコミュニケーションの難しさと
喜びをかみしています。

タイトルとURLをコピーしました