6年間英会話教室へ通って、「え?何?英語分からないもん」

小学1年の頃から6年生までの
6年間英会話教室へ
通っていたママ友の子供との会話です。

ちょうど、英語のテキストで食べ物のページが開いていたので、
英語で質問してみました。

「●●ちゃん、英語習ってるんだよね、すごいね!
“What food do you like?”(好きな食べ物は何?)」

「え?何?英語分からないもん」

”I don’t know.”や”What?”
でもなく、

「分からない」と日本語での返答。

6年間英語教室通ってたんだよね?
どういうことなんだろう・・・と衝撃を受けました。


ママに聞いても、
「娘がどこまで話せるかわからない。
私も英語話せないし、
とりあえず通わせてるの」
とのこと。

娘さんに直接質問しても
なんだか浮かない顔で
「宿題はしてるけどね。
それだけ。」
とのこと。

その子にとって、英語は=お勉強、
習い事の一つでしかなかったのです。


英語で自分の想いを伝えたい、
コミュニケーションをとりたい!という
意識はなかったのでしょう。

それはきっとママにしても同じこと。
とりあえず、英語は必要そうだから
通わせておこう。という気持ちだったから
こそ、娘さんも同じような気持ちで
ただ通い続けたのだと予想できます。

でも、少しも珍しいことではなく、
こういった例はよくあることなんだと思います。

英会話教室に通っていても
どこまで話せるように
なっているのか分からない。
そもそも子供が楽しんで通っていない。

…という状況で、
将来英語が話せるようになるのか
心配ですよね。

実際は、週に1回英語を話している「だけ」では
話せるようになるのは難しいです。

ではどうすれば良いか?

お家の中でママやパパと英語を交えた
会話を意識することを
おすすめします。

テキストにのっている
他人事の文章ではなく、
実際に自分が使う英語を
毎日口に出すことです!


じゃぁ、親も英語話せなくちゃね、と
思われたあなた!
親が英語堪能である必要は
まったくナシです。
それは、アットホーム留学が
「教えない教育」を実践しているから。

分からないことに対して
ただ答えを与えるのではなく、
親は子供と一緒に調べ、
一緒に学び
共に英語を楽しむための
バディのような存在になる
ことが大切です。

アットホーム留学では、
親子の会話を通して
親子の絆を深め、
子供たちの「自分で考える力」を
身に付けます。

英語を『お勉強』にしてしまわず、
『親子の楽しい時間』として
英語をとりいれることが鍵となります❤️

タイトルとURLをコピーしました