【親子英会話フレーズ】お願いしてもいい?

“Can you do me a favor?”

子どもに何かお手伝いを
頼みたいときに使える表現です。

“favor”は「親切な行為」
という意味なので
「親切なことをしてくれない?」
→「お願いがある」
という意味になります。
“Can I ask you a favor?”も
同じ意味です。

「~やって」と、
すぐに手伝って欲しい
内容を言う状況も
あるかと思いますが、
クッション言葉のように
先にこちらのフレーズを
つけてお願いすると
スムーズです。

子どもにお手伝いを
して欲しい時、
家族でも、近い関係だからこそ、
命令口調にならないように
したいものです。

お願いするときは
今回のフレーズや
Pleaseをつけて
子どもにお手本を
見せたいですね!

もし子どもから何か
お願いされたら、
“Sure!”もちろん!
と笑顔で答えると
子どももマネしてくれます♪

年長の弟への小5お兄ちゃんのスパルタ指導

4月から1年生になる次男。
これから、少しずつ家庭学習の
習慣をつけていこうと思っています。

やりたいワーク選んでもらうと
「それいつのやつ?」
状態のしまじろうのワークを、
取り出してきました。

手先の不器用さと、
集中力の無さなど
いろいろ理由はあるのですが、
ワークをする、というのは
次男にとってはかなりハードルが
高いのです。そのため、
できるときに少しだけ
やるようにしています。

私が家事をしていたので、
小5の長男に”Can you do me a favor?”
“Can you help him do a workbook?”
で、次男のお勉強を見てもらうことに。

実は、次男は私がついているより
兄に教えてもらう方がやる気が出て
素直に聞けるんです。

そのため、2人で笑いながら
たくさんワークを進めていました。
・えんぴつを持つこと
・机に向かうこと
・集中する時間を持つこと
・習慣をつけること
を目的に楽しく続けたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました