キッズ向け映画で英語表現を学ぼう

『Mr.インクレディブル』、その続編の『インクレディブル・ファミリー』はご存じでしょうか?
1作目は2004年、2作目はなんと14年後の2018年に公開されました。

長男(当時小3)となんとなく見に行った『インクレディブル・ファミリー』が
あまりにも面白かったので、後追いで1作目もレンタルして視聴しました。

ただ面白いだけでなく、Disneyの映画は英語の勉強にはとても良いんです。
子供向けなので、分かりやすい自然な表現がキレイな発音ではっきりと聞こえます。

なので、せっかく見るなら音声は英語で見てみるように言っています。(嫌がるときもありますが)

あるワンシーンから、使える表現があったのでご紹介します。

食事の場面でバイオレット(姉)がダッシュ(弟)にかける言葉です。

Did you wash your hands? –手は洗ったの?
(猛ダッシュで洗いに行ってすぐ戻る)

With soap? –石鹸で?
(もう一度走って洗いに行く)

Did you dry them? –手ふいた?

『インクレディブル・ファミリー』より

子供だけでなく、ママやパパも使える表現ですね!
dryは「乾かす」という意味ですが、タオルなどで手を拭く場合にも使われます。

上の2文を一つにしてお子さんに声をかけることもできますね!

Please wash your hands with soap. –石鹸で手を洗ってね。

映画からは、実際に使われる自然な表現を学ぶことができるので、そのままマネして使っていきましょう!そのうち、字幕なしで親子で映画が見られるようになるかも?!

タイトルとURLをコピーしました