人見知りの悩み「あいさつができない」

Hello! 元、超絶人見知りの、
アットホーム留学ティーチャーMikiです!

人見知りの幼児を持つ
ママたちの悩みで多いのが、
『挨拶ができない』問題ですね。

次男(5才)は繊細で敏感で
もっと小さい時は
なかなか挨拶できませんでしたし、
私自身は幼少期は会う人
全員怖いと思っていたので
挨拶どころじゃなかったです。


なのでママの気持ちも
お子さんの気持ちも
よーく分かります。


ママが悩むと言うことは、
ママ自身は挨拶が
大切だと思っていて
自分も気持ちの良い挨拶を
心がけられているからこそ
お子さんにも挨拶して
ほしいんですよね✨


「ママがちゃんと挨拶していれば
子供は真似て自然とするものだ」と
主張する人もいますが、
それが本当なら、こんなに
多くの人が悩んだり
していませんよね。


ママがいつも挨拶
していることを
お子さんは見てますし、

きっと「挨拶をしないといけないよ」と
言われたことがあるから、
しないといけないことは
お子さんも分かっているはずです。

なので、責めないであげてくださいね。

また、ママの世間体のために
挨拶をするわけではないので、
もし小さな声でも
挨拶ができたら

「挨拶できて良かったね!」と

子供自身にとって
メリットのあることが
伝わる褒め方をすることが
効果的です。


人見知りちゃんは人前で
『声を出す』ということ自体に
抵抗があることが多いです。

なのでタイミングを
見計らっているうちに、
「ほら、挨拶は?」
と言われている可能性もあります。


私が次男にやってみて
効果があったのは
次の2つです。


朝、保育園に行く前に軽く
「今日も元気に”おはよう”
言おうね!」と声をかけます。

ポイントは、「挨拶」
じゃなくて、具体的に
「おはよう」だと分かるように
伝えることです。


保育園についた頃には
挨拶のことは忘れているので
先生の姿が見えたら
先生から挨拶される前の
絶妙のタイミングで
「●●先生だね、おはよう!って
元気に言ってみおうか」
と声をかけると、
直後にちょうど良い
タイミングで「おはよう」と
挨拶することができます!

ポイントは、先に先生から
大きな声で「おはよー!!」
と言われた時点で
圧倒されてしまうので
先に言うのをおすすめします🥰

もう1つのポイントは、
「あいさつはやって当たり前のこと」
と伝えるよりも、

「言った自分も言われた人も
あいさつってとっても嬉しいよ。
もし先生に朝元気におはよう!って言えたら
先生はとても嬉しくなって、
今日も〇〇君と
たくさん楽しいお話しようって
思ってくれるんだよ」

と具体的に挨拶することの
メリットを伝えました。

ちなみに、○○に挨拶しようか、と
英語で言うときは
Say hello to ○○
Say good morning to ○○
ということができます!

タイトルとURLをコピーしました