高校生のときの日記 in America の衝撃

もしかしたら、高校生の頃に
書いてから今回初めて見たんじゃないのか?
というほどの衝撃的な日記。

これは本当に私が書いたのか??というほど
記憶がなくなっていたことに驚きました。

16歳で「留学したい!」と
親に申し出るもあっけなく
「まだ早い」と却下されました。
実際、田舎に住んでいたことや、
時代的なものもあり、
留学やホームステイなどしている人は
周りにはいませんでした。

でも、心は中学生の頃から海外へ向いていたので
どうしても諦めきれず、
ちょうど募集されていた
県内の高校生を姉妹都市へ派遣する事業に
思い切って志願しました。

試験や面接を受け、
それなりの倍率を突破したことで
アメリカへのホームステイへの
切符を手に入れた私。
期間が短いことと、県からの派遣なので渡航費のみというのも
親への説得材料になりました。

とにかく話す訓練など一切うけず、
中学、高校で習った文法のみの知識で
初・海外。よくやったと我ながら思います。

覚えていることと言えば、

  • 英語が何も話せず帰ってきたこと。
  • 極度の緊張でほとんどものが食べれなかったこと。
  • ホストシスターAnnの高校へ一緒に行って、
    初めて挨拶した人たちに無視されたこと。
  • Annがホームカミングのセレモニーで主役だったこと。
    (日本からの留学生よりホームカミングの方が大事そう!)

ぐらい。

でもね、日記を読むとその日に知り合った友達と
カフェテリアでピザ食べてたり(普通に食べてる!)
みんなでモーテルへLet’s Go!して
パーティして管理人に追い出されたり(友達できてる!)
好きな人ができてフラれたりしているんですよ(恋愛まで!)。

たったの2週間で。

一日一日が濃すぎる!!若さってすごい!!

あれ?私英語話してたの??
じゃあ、なんであんなに自信なくして帰って来たんだろう。


これが自分の子供なら思い切り褒めてあげたい。

そして、最終的には日記の中で
すごーく成長しているんです。
人生について悟っているんです。

笑いあり、涙ありの日記を読みふけり、
たくさんの記憶がよみがえりました。
海外へ行くことの学びの深さ、
広さを改めて感じた日記でした。

そして、「自己肯定感」が低いがばかりに
自分を責めたり落ち込んでいたことが
「心の底からもったいない!」と叫びたくなりました。


子供たちには、心の土台の部分を
しっかりと満たしてあげたい。自信を持って
自分を表現したり英語を話せるようになって欲しいと
この日記の中の16歳の私に教えられました。



タイトルとURLをコピーしました