栗拾いが無性にしたくなるのは、狩猟・採集時代からの本能

週末、どうしても栗が拾いたくなりました。

数年前、車で数十分のところに広がる
里山へお散歩へ出かけたとき、
野生の栗がそこら中に落ちていて
なんとなく拾ったら
やめられなくなりました😅

落ちているのは腐ってたり
虫食いだったり、
森の生き物に食べられた後だったり
するのですが、たまに綺麗に
ツルツルの栗が
見つかることがあるんです。
それがもう宝物を見つけたように
嬉しいんです✨

1つ見つけたら
もう1つ見つけたくなり、
止まらない。

調べると、これはやっぱりこれ
『本能』らしいです。

ホモサピエンスが誕生してから
20万年中の19万年は狩猟・採集の生活。
男性が狩りに出ている間
女性は木の実やきのこを拾っていました。

本能で拾った栗はもちろん
栗ご飯にして食べましたが
びっっっくりするぐらい美味しくて
家族全員おかわりしてました💕

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::⠀

インスタグラムはこちら
アットホーム留学ティーチャーMiki⠀

大人も子供も楽しみながら⠀
会話力、英語力を⠀
伸ばすことができる⠀
新しい英語『楽』習方法✨⠀

お気軽に感想やお問い合わせくださいね💕

タイトルとURLをコピーしました